マイホーム借上げ制度の仕組みを解説

マイホーム借上げ制度



マイホーム借上げ制度とは
有料老人ホームに入るのに自宅を売却される方もいるでしょう。しかし、不動産を子供に残したいと躊躇する人も多くいます。そういう方には、移住・住みかえ支援機構が行なっている「マイホーム借上げ制度」というものがあるので検討してみてはいかがでしょうか。

これは公的制度に基づいているので安心感があります。この制度を利用すると自宅を売却することなく、住みかえや老後の資金として活用することが可能です。

図解-マイホーム借上げ制度の仕組み

マイホーム借上げ制度を利用できる方
日本に居住する50歳以上の方(原則として国籍は問いません)、または海外に居住する50歳以上の日本人。及び両者の共同生活者(1名まで)。


対象となる住宅
利用者が単独所有または第三者と共同所有する日本国内にある住宅で、以下の条件を満たすもの。一戸建て、共同建て(タウンハウス等)、マンション等の集合住宅。1981年6月の新耐震基準以前に建築確認が申請された住宅については、原則として耐震診断を受けなければならない。


契約形態
終身型と期間指定型があります。

詳細は、一般社団法人 移住・住みかえ支援機構(JTI)
http://www.jt-i.jp/



ナビゲーション