有料老人ホームの選び方

有料老人ホーム



有料老人ホームとは
老人ホーム有料老人ホームとは、主に民間業者が運営する施設で、高齢者が安心して暮らせるよう配慮された住宅です。入居すると食事や健康管理、介護などのサービスを受けられます。有料老人ホームというと高額なイメージがありますが、最近ではリーズナブルなものも増えています。
有料老人ホーム

有料老人ホームの種類
大きく3つのタイプに分けられ、それぞれ入居条件やサービスの内容が異なります。

介護付有料老人ホーム
介護付型は、介護保保険の特定施設入所者生活介護の指定を受けているホームです。食事などのサービスがあり、要介護者3人に対して1人の以上のスタップがつきます。入居者が介護状態になっても、そのまま入居を続けられます。

住宅型有料老人ホーム
住宅型は、食事などのサーービスは受けられますが、あくまで住宅としての利用で、介護サービスはありません。入居者が介護状態になった場合は、外部の訪問看護サービスを利用することで入居を続けられます。

健康型有料老人ホーム
食事などのサービスは受けられますが、健康な高齢者向けのホームなので、介護状態になったら退去しなければなりません。


入居の条件は?
高齢者のための施設なので60歳以下の人は入居できません。また健康型に要介護状態の人は入居できません。夫婦で入居する場合は、どちらかが「60歳以上」とする場合が多いようです。


入居の権利形態はどうなっているの?
入居の権利形態については、下表の4つに分けられます。現在、有料老人ホームのほとんどが「利用権方式」になっています。大きな買いものなので、予算や今後の生活を考えて慎重に契約して下さい。
権利形態 どのような契約か
利用権方式 入居時に纏まった一時金を支払う方式で、居住部分や共用部分を終身に渡り利用できる権利。食費や管理費などは月々支払う。
建物賃貸借方式 家賃、食費、光熱費、管理費を月々支払う。介護サービスなどは別料金。
終身建物賃貸借方式 建物賃貸借方式と基本的に同じだが、こちらは利用者が生きている限り、住み続けることができる賃貸借契約。
所有方式 マンションを購入するのと同じで、不動産として購入する方式。月々の管理費は別途支払う。

利用料の支払い方式
一時金方式は最初に纏まったお金が必要ですが、月々の支払は少なくなります。月払い方式は、最初に纏まったお金を用意する必要ありませんが、月々の支払いは高くなります。
方式 利用料の支払い方
一時金方式 終身に渡って必要な家賃相当額等の全部又は一部を前払する方式。
月払い 一時金は支払わず、家賃相当額等を月払いする方式。
選択方式 一時金方式と月払い方式のいずれかを選択できる方式。



ナビゲーション