ケアハウス(軽費老人ホーム)とは

ケアハウスで暮らす



ケアハウスとは
ケアハウスとは、満60歳以上で家庭環境や住宅事情などから家族と同居が困難な人や、身の回りのことはできるが、自炊生活が出来ない程度に身体機能が低下しており、独立した生活をするには不安な高齢者を対象にした、軽費老人ホームです。
ケアハウス

入居条件
・年齢が満60歳以上の人。(夫婦の場合は、どちらか一方が60歳以上であれば可能)

・自炊ができない程度の身体機能の低下があっても、身の回りのことはできる人。

・伝染病、精神病、認知症などを患ってなく、共同生活に適応できる人。

・利用料金等が負担でき、身元保証人がいる人。


利用料金
利用料金は入居者の前年度の年収により細かく階層分されています。事務費(施設の運営費)+生活費(食費)+管理費を合わせて、月/8万円程度から利用できます。この他に、冬期の暖房費月/2千円。ホームによっては、一時金や保証金が必要な場合があります。



ナビゲーション