ストレスが引き起こす病気を解説

ストレスと病気の関係



ストレスと病気
現代人は、仕事や時間に追われ、ストレスの多い生活を強いられていると言えます。このページではストレスと病気の関係をまとめました。
ストレスが健康に及ぼず影響


《ストレスで発症したり悪化しやすい病気》

精神・神経系の疾患:偏頭痛、筋緊張性頭痛、起立性調節障害、ヒステリー、吃音など。

呼吸器系の疾患:過換気症候群、気管支ぜんそくなど。

消化器系の疾患:胃・十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、神経性嘔吐など。

循環器系の疾患:不整脈、心臓神経症、高血圧など。

内分泌系の疾患:単純性肥満、糖尿病など。

皮膚科系の疾患:円形脱毛症、アトピー性皮膚炎、慢性じんましん、湿疹など。

耳鼻科系の疾患:アレルギー性鼻炎、メニエル症候群など。

眼科系の疾患:眼精疲労、眼瞼けいれんなど。

泌尿器科系の疾患:神経性頻尿、夜尿症など。

産婦人科系の疾患:月経困難症、無月経症など。

ストレス病を予防するためには、他の病気の場合と同様、早期に発病の徴候を見つけ、早めに対応することが必要です。そして原因となるストレッサー(ストレス要因)を取り除き、あるいは減らすことが第一です。そうは言っても、学校、仕事、家庭、介護など、逃れることができない状況でストレッサーを取り除くことは容易ではありません。しかし、ストレスの受け止めかたを変えるなど、できるだけその影響を少なくするように努力することも必要です。




ナビゲーション