介護うつの症状と対処法

介護うつの症状、周囲から見たうつ病のサイン



うつ病の三大症状と身体症状
介護者がうつ病になってしまうと、介護ができなくなってしまいます。以下の症状がある場合は早めに専門医に相談しましょう。

うつ病の三大症状
・憂うつ感
・億劫感(無気力)
・不安や焦燥感
うつ病の症状
うつ病の主な身体症状
・全身の倦怠感
・睡眠障害(朝、目覚めた時に嫌な憂うつ感を感じる)
・頭痛
・胃の不快感
・食欲不振
・肩、背中、腰の痛み
・動悸
・体重減少
・性欲の低下
・微熱が続く



周囲の人からみた、うつ病のサイン
本人に上記のような自覚症状があっても、周囲に気づかれないように、ひとりで頑張ってしまうことがあります。うつ病は早期に治療を始めれば、回復に要する期間も早まるので、家族や友人が気づいてあげることも大切です。

・話しかけると返事はするが、反応が鈍く、どこかうわの空。会話がスムーズにできない。口数が少なくなる。

・TVなどを見ていても内容が頭に入らないため、関連した話題を振っても答えられない。新聞や雑誌などを読んでいるが、ずっと同じページを見ている。

・身なりに無頓着になり、風呂に入らない。毎日お化粧していた女性が化粧しなくなる、男性はヒゲを剃らなくなる、寝癖のついた髪の毛で1日いるなど。

・外出を嫌がり、人と会いたがらなくなる。暗くなっても電気をつけないで部屋でボーっとしているなど。




うつ病に似た症状が出る病気
うつ病とよく似た症状の出る病気もあります。

・更年期障害
・パーキンソン病
・アルツハイマー病
・甲状腺機能亢進症
・月経前緊張症
・脳梗塞後遺症
・拒食症・過食症
・薬剤性のうつ症状



受診するのは心療内科? 精神科?

心療内科を受診
頭痛、倦怠感、睡眠障害などの症状があるが、日常生活は送れる。

精神科を受診
身の回りのことがほとんどできなくなる、死にたいと思う。


介護うつの治療にはどれ位の時間が必要?
うつ病は、いわば心と体のエネルギーが切れてしまっている状態なので、まずは心と体を休める時間が必要です。その間の介護は周囲の協力などを仰ぎ、休むか負担を減らすなどしましょう。抗うつ薬は飲み始めてから、1~2週間で効果が現れはじめます。治療期間は、軽症のうつ病で1~3ヶ月、中等度以上のうつ病では3ヶ月~1年ぐらいかかることがあります。




ナビゲーション