良いケアマネージャー・悪いケアマネージャーとは

ケアマネージャーの選び方



ケアマネージャーの選び方のポイント
ケアマネージャー選びケアマネージャーによって介護費用も随分違ってきます。支給限度額いっぱいに利用させようとする人、逆に安くすることが利用者のためと勘違いしている人など様々です。親身になって適切なアドバイスしてくれるひとを選びたいものです。



良いケアマネージャー
・じっくり話を聞いてくれる。

・わかりやすい言葉で説明してくれる。

・複数の事業者の情報を提供し、メリット・デメリットを説明してくれる。

・専門知識が豊富。

・フットワークが良い、こまめに対応してくれる。

・サービスの内容をきちんと説明できる。


悪いケアマネージャー
・こちらの話をろくに聞かない、すぐ帰ろうとする。

・態度が横柄。専門用語を多用し、話が強引。

・自分が所属する会社のサービスや商品に誘導する。

・専門知識が乏しい。

・フットワークが悪い、なかなか連絡がとれない。

・サービスの内容を聞いてもきちんと説明できない。

どうしても担当ケアマネージャーと信頼関係を築くのが難しい場合は、変更を検討しましょう。直接、本人にいうのはなんなので、所属する事業所の責任者に伝えるのがいいでしょう。それでも解決しない場合は、事業者を変えることになります。



ナビゲーション