認知症の中核症状と周辺症状の解説

認知症患者の中核症状と周辺症状



認知症の中核症状と周辺症状
認知症における症状は、どの患者にも共通の中核症状個人差がある周辺症状に分けられます。


中核症状
脳の細胞が壊れることによって直接起こる症状(記憶障害、見当識障害、実行機能障害、理解力判断力の低下、感情表現の変化)などが中核症状と呼ばれるものです。

記憶障害
老化による物忘れとは異なり、体験したこと自体を忘れる。

見当識障害(けんとうしきしょうがい)
見当識とは、時間や場所など今自分がおかれている現実をきちんと把握することをいいます。つまり時間がわからなくなる、よく知っている場所でも道に迷うなどの症状です。人間関係の見当識障害は、病気がかなり進行してからあらわれます。

実行機能障害
計画を立てたり、仕事や家事などの段取りができなくなる。

理解力・判断力の低下
考えるスピードが遅くなる。二つ以上のことが重なるとうまく処理できなくなる。計算ができなくなる。

感情表現の変化
これは記憶障害や、見当識障害、理解力・判断能力の低下からくるもので、その場の状況・雰囲気が読めなくなります。周囲からの情報に対して正しい解釈ができなくなるので、普通の会話中でも自分の悪口を言ったなどと、突然、怒りだしたりします。


周辺症状
周辺症状は、その人の性格や素質、環境などによって出方が異なります。

幻覚や妄想
実際ないものを見たり聞いたりする。お金が盗られたなどと思い込む。

不安や焦燥
初期のころは、自分の状況に違和感を覚え不安や焦燥を訴える。

うつ状態
落ち込んだり、急に怒りっぽくなる。

徘徊
目的もなく歩き続ける。迷子になる。
徘徊
失禁
排泄に失敗する。人によっては自分の便をいじる弄便(ろうべん)をする。

暴力
身近な人に暴力をふるう。

不穏
急に興奮状態になる。

異食
食べ物以外のものを口にする。

収集
他の人には価値の無いようなものを集める。

睡眠障害
寝つきが悪くなり、長時間寝られない。



ナビゲーション