認知症テスト 改訂版-長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)

改訂版-長谷川式簡易知能評価スケール



認知症のテスト
長谷川式簡易知能評価スケールとは、現在、日本で認知症の診断に広く用いられている簡易テストです。このテストで、遠隔記憶能力、時間・場所などの見当識、記銘力(覚えておく能力)、計算力、言葉がスムーズに出るかなどがチェックできます。
長谷川式スケール


*参考に改訂版-長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)を載せておきます。但しこのテストは専門の知識を持った人が、患者の様子をみながら行うもので、素人が家庭で行い勝手な判断をしないようお願いします。
1 お歳はいくつですか ? ( 2年までの誤差は正解) 0・1
2 今日は何年の何月何日ですか?  何曜日ですか?
(年月日、曜日が正解でそれぞれ1点ずつ)



曜日
0・1
0・1
0・1
0・1
3 私たちがいまいるところはどこですか ?
(自発的にでれば2点、5秒おいて家ですか?  病院ですか? 施設ですか? のなかから正しい選択をすれば1点)

0・1・2
4 これから言う3つの言葉を言ってみてください。あとでまた聞きますのでよく覚えておいてください。
(以下の系列のいずれか1つで、採用した系列に○印をつけておく)
1:a)桜 b)猫 c)電車
2:a)梅 b)犬 c)自動車
0・1
0・1
0・1
5 100から7を順番に引いてください。(100-7は? それからまた7を引くと? と質問する。最初の答えが不正解の場合、打ち切る) (93)
(86)
0・1
0・1
6 私がこれから言う数字を逆から言ってください。(6-8-2、3-5-2-9を逆に言ってもらう。3桁逆唱に失敗したら、打ち切る) 2-8-6
9-2-5-3
0・1
0・1
7 先ほど覚えてもらった言葉をもう一度言ってみてください。(自発的に回答があれば各2点、もし回答がない場合以下のヒントを与え正解であれば1点)  a)植物 b)動物 c)乗り物
a:0・1・2
b:0・1・2
c:0・1・2
8 これから5つの品物を見せます。それを隠しますのでなにがあったか言ってください。
(時計、鍵、タバコ、ペン、硬貨など必ず相互に無関係なもの)
0・1・2
3・4・5
9 知っている野菜の名前をできるだけ多く言ってください。(答えた野菜の名前を右欄に記入する。途中で詰まり、約10秒間待ってもでない場合にはそこで打ち切る) 0~5=0点、6=1点、7=2点、8=3点、9=4点、10=5点 0・1・2
3・4・5
合計得点

テストは全部で30点満点です。得点が20点以下のときは、 認知症の可能性が高いと判断されます。



ナビゲーション