アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症の危険因子

認知症の危険因子



認知症を引き起こす病気
認知症の原因となる病気は、いろいろありますが、脳血管性とアルツハイマー型で全体のおよそ8割を占めます。


脳血管性認知症の危険因子
脳血管性認知症は、脳の血管障害で起きる病気です。危険因子としては、飲酒、喫煙、高血圧、高脂血、肥満、心疾患などがあげられます。
図解-脳血管性認知症の危険因子



アルツハイマー型認知症の危険因子
アルツハイマー型認知症は、認知症の原因疾患の中では最多です。しかし、アルツハイマー型認知症の病気の原因は、現在まだ分かっておりません。危険因子としては、遺伝因子と環境因子に分けることができます。近年の研究では、遺伝因子よりも環境因子による影響の方が発症に大きく関わっていると考えられています。
図解-アルツハイマー型認知症の危険因子



ナビゲーション